忍者ブログ

本屋アルバイターのんびり日記
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[07/15 ラドウ]
[07/01 ムノ]
[02/26 ラドウ]
[02/26 ムノ]
[01/31 ラドウ]

12.18.10:06

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/18/10:06

02.15.23:21

恐怖!!ヒステリーばぁさん!!

今日は恐怖のヒステリーばあさんが来た!
危うくプチっとキレそうになった。。。





おばあさんがカウンターに近づいてくる。
ラドウ「いらっしゃいませ~」
お婆さん(以下婆)「この本探したんやけど、見あたらへんわ。
          探してちょうだい。」
ラドウ「はい。わかりました。
  お調べいたしますので、少々お待ちください」
婆「はい~」
レジが抜けられなかったので、Yさんに頼む。
ラドウ「Yさんすいません~。
  こちらのお客様がこちらの本をお探しなのですが」
Yさん「はい~。
    お客様少々お待ちください」
しばらくしてYさんが戻る。
Yさん「お客様すいません;
    こちらの本は売り切れてしまっていますので、
    ご注文になるのですが、よろしいですか?」
婆「…。
  (大声で)だから注文っていってるやろ!!
  あんたら私の言葉を正直に聞いたらどうやの!?」
固まるYさんとラドウ。
ラドウ(はぁーーー???
  そんなこと一言も言ってねぇーーー!!)
 「すいません。いますぐご注文をお書きしますので!」
とにかく注文紙をとりだす。
メモを預かって、いそいで注文を書く。
婆「(そんなラドウの様子を鼻で笑うが如く)
  あんた怒ってないで、さっさと注文書いたらどうやの?!」
ラドウ(怒ってねぇよ!!今の言葉のほうがキレるぞ!)
 「(黙って注文を書き続けるラドウ)…。」
書き終わって。
ラドウ「(感情を声にださぬように)
  お客様、こちらにお名前とお電話番号をお願いします。」
婆「ふん。(鼻息)」
黙って書く婆。それを眺めるラドウ。
注文を確認後。
ラドウ「商品が届き次第こちらからお電話いたします。」
注文紙を手渡す。
ラドウ「ありがとうございました~」(深々とお辞儀)
婆は無言で去る。





といった具合でした。
Yさん曰く、このおばあさんはときどき来るお客さんらしい。
来るたびに怒ってるので気にしないでね!と言われた。
ありがとうYさん(TvT)+

 

 

ほとんどがいいお客さんなんだけど。

時々いるんだよな、迷惑な人が。。。


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら